パッシブアビリティ一覧

シーンカードが持っているパッシブアビリティ。
後ろのローマ数字が大きいほど効果が高い。
限界突破をするたびに効果量が上昇し、+20でMAXとなる。
ダウン系のアビリティは減少率が下がっていく。
編成時のパラメータの数値にアビリティの効果は反映されておらず、戦闘開始時にその数値に倍率がかかる。

SEアップ

SEが上昇する。単純に生存率が上がる。

攻撃力アップ

攻撃力が上昇する。ストーリーで☆3獲得を狙う場合は優先したい。

防御力アップ

防御力上昇。

機動力アップ

機動力が上がる。高難度のボスは機動力が極めて高く、低いと何もできないまま撤退するということもしばしば。
どのような状況でも重視したい。

クリティカルアップ

クリティカル率が上昇する。クリティカル攻撃はかなりの高ダメージになるので高いに越したことはない。

アビリティチャージ

自ターン行動後、数値分アビリティゲージが上昇する。

アビリティブースト

1ターン目終了後に数値分アビリティゲージが上昇する。1ターン目の行動は敵味方関係なし。

自動回復

自ターン終了後、SEが回復する。最大SEが多いほど効果が高い。

SEダウン

防御力ダウン

防御力が下がる。アビリティLvが上がると効果量が小さくなっていく。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-21 (木) 16:06:16 (57d)